カテゴリ:soldier’s holiday( 83 )

2006年 03月 21日
同期
 昨日の台北は雨が降り、気温も低めの悪い天気。その方がオレは好きだったりするんだけどね。雨はともかく、ちょっと肌寒い感じの天気は好きだ。そんな天気の中、昼過ぎに出かけ、先週申請した就労ビザを受け取りに日本交流協会へ。番号札をもらって30分くらい待ったか、自分の番になると身分証明書を提示して1000元を払い、無事にパスポートとともにビザを手にした。ビザを取らなきゃいけないのは本当に面倒だ、どうしてそのまま自分の家に帰れないのかな。
 交流協会を出るとそのまま雨の中を歩きショッピングモールへ。日本に帰ると台湾の屋台料理が食べられなくなるから、そのために是非レシピがほしいと思っていて、ショッピングモールの本のコーナーでいいものはないか立ち読み。他にもデジタル周辺機器を見たり。やはりブルートゥースのワイヤレス・ヘッドホンがとても気になる。でも高い。1時間強うろうろした後、今度はお馴染み微風広場へ。紀伊国屋書店によってまたも立ち読み。ここでもレシピ本をみたりしたが、お勧めのコーナーにあった「生協の白石さん」がとても面白かった。1人でクスクスと笑いながら読んだ。
 夜6時半になると今度はテクテクと歩いて近くのSOGOへ。実は今日ここで同期、新兵訓練で同じ班だったみんなと待ち合わせしているのだ。一年ちょっと前に、みんながそれぞれ違う部隊に配属される前にした約束、除隊したらみんなで集まろうという約束を果たすために。昨日集まったのは4人だけだったが、それでもよく集まったと思う。なぜならオレ以外の同期はもう既に除隊していて仕事をしていたり、仕事を探していたりと忙しくしているのだ。台湾の高校・大学では軍事訓練の授業があって、その単位をとると兵役の期間を単位の分だけ短くする事が出来る。大学まですべての軍事訓練の単位をとると、最大で30日早く除隊出来るのだ。オレの同期はみんなほとんど大学生だから、そんな訳で2月末にはみんな除隊していた。なので昨日集まった中で、まだオレだけは軍人だった。
 夕食を一緒に食べて、もうみんなでしゃべりまくった。仕事の話、仕事探しの話し、そして盛り上がったのはやっぱり軍にいた時の数々のエピソードだろうか。みんなそれぞれの時間を乗り越えてきたばかりだから、この共感出来る話題がやっぱり一番花を咲かせる。気が付くと終電間際で、いそいそとみんな解散していった。翌日仕事の人もいたしね。彼らと次に会うのはいつになるんだろうか。連絡は途絶えないようにしたいが、日本に帰ってしまえば台湾側の事は気にしたくない気持ちもある。まぁ、なるようになるか。
 明日はいよいよ除隊の証明となる「退伍令」をもらいに恆春まで行く。遠い。でも行かないと兵役を終わらす事が出来ない、仕方がない。明日は朝からバスに乗っていって、恐らく台北にまた戻ってくるのはもう日付が変わって結構たつころだろう。本当に面倒だ。
[PR]

by aynil24 | 2006-03-21 12:46 | soldier’s holiday
2006年 03月 20日
目的を果たしたかな
 昨日と一昨日はもうとにかく疲れた体を癒し、ゆっくり休みながらこなせていなかったPC作業を片付け、友達や親戚達と連絡を取り合った。他にはエアチケットの予約と振込みも済み、後はチケットがメールで送られてくるのを待つのみ。金曜に手続きを終えていたビザの方も、今日の午後には受け取れる予定だ。今日からはもう服など荷物を少しずつ片さなければ。あまりに多くなるようなら、郵送で送ろうかとも思っている。
 昨日は更に親父宅に行く前に、士林夜市に寄って屋台料理をたらふく食べてきた。牡蠣オムレツや臭豆腐など、そしてデザートの飲み物にタロイモ風味パールミルクティを。かなりお腹いっぱい食べた。親父のとこでは生春巻きをこれまたたくさんほうばり、とにかくお腹が膨れた一日だった。もちろん食べ物ばかりでなく、父方の親戚たちともちゃんと交流したけどね。
 色々と思い返す余裕が今はあるので、暇な時間にこの1年4ヶ月を振り返ったりもした。入った当初はそれこそなかなか兵役に対して心が開けずにいて、その環境下での生活が嫌でとてもつらかったけど、後半は軍での地位も段々と高いものになっていき、台湾での暮らしにも慣れた事もあって、兵役という制度に反対する気持ちなどを気にしなくなって、気持ちも楽になっていった。気にしなくなったというより、やっと諦めが付いたといったほうが正しいかもしれない。それでも早く日本に帰りたいという思いは消える事はなかったけどね。
 ただ、軍の中では自分の地位を築けた、その点では成功したんじゃないかと思う。これだけ日本語が話せる人がいなくなった事で、司令部では長官が次の来賓接待について悩んでいたし、トランペット兵の方でもヘッドコーチ、そして最も確実に演奏出来る人が除隊になる事で、上の方では残念がっている。ただ単に静かに除隊していくほとんどの人と比べて、多くの長官に印象づかせて、オレの除隊が軍にとっての損失と上に思わせることが出来た事で、オレの目的は果たされたと思う。
[PR]

by aynil24 | 2006-03-20 11:23 | soldier’s holiday
2006年 02月 18日
お手紙
b0067086_1202210.jpg 今日はもう本当ゆっくりと過ごした。本当なら今日はまた電気屋に行ってmp3プレーヤとか見たり、今年は中正記念堂で開かれている台北燈節の模様を撮影しに出かけようと予定していたが、昼頃からあいにくの雨、寒いし、出かける気が失せてしまった。昨日あたりから体調も優れていなかったしね。そんな訳でPC画面の前にずっといたわけだ、今日は。久しぶりにいっぱい音楽を聴いた日にもなった。今回はJohn Mayerの作品が中心、彼の曲の良さ、ギターテクニックの良さを堪能した。
 軍の方ではもうトランペットの集中訓練が終盤を迎え、生徒の1人であった班長がまた違う訓練を受けるために、先日一足先に抜けた。んで、その班長が手紙をオレ宛にくれていました。ベッドの上に置いてあって、あまりに可愛いデザインのカードだったから、最初は「やべっ、ラブレター?!」なんて冷や汗かいたけど、内容はきちんとしたものでホッとした。内容はオレから色々(トランペット以外でも)学んだとか、違う教育を受けてきたのが分かったとかそんな感じだった。ともかく彼にとってはオレはある種の模範だったようで、そう思ってもらえるのはとても嬉しいし、信念を通した甲斐もあったわけで。そんな訳でちょっと気分がよかったりしてます。
[PR]

by aynil24 | 2006-02-18 23:19 | soldier’s holiday
2006年 02月 11日
夜のお散歩
b0067086_23585372.jpg
 夜になって、なんとなく1人で外を出歩いてきた。特に目的もあてもなく歩く。ふらふらと大安森林公園へついて、懐かしい感じがちょっとした。思えば台湾へ来たばかりのころ、この公園に早朝やってきては自主トレをしていた。台湾の早朝名物、お年寄り達の集団もここで撮影したっけか。ふと遠くに目をやると、あの台北101が見える。もうバレンタインが近いので、でかいハートが映し出されていた。101のシーズンに合わせたライトアップは結構気に入っている。で、ついでに永康街の方にも行ってみる。相変わらずディンタイフォンの前は人だかりが出来てるし、あのマンゴーカキ氷の氷館にも大行列が出来ていた。今日結構冷えてるのにな。そういうオレもソフトクリームを食べながら散歩してたんだけどね、はは。
b0067086_23592352.jpg

[PR]

by aynil24 | 2006-02-11 23:59 | soldier’s holiday
2006年 02月 11日
故郷を想う
b0067086_23485676.jpg 休暇に何しようか、なんて考えていたら、台湾での時間が本当に後ちょっとなんだ、なんて事に改めて気付いた。時間を作ってどこかに行きたい、台湾で知り合った友達や親戚にまた会いに行こうとか遊びに行こうとか、結構したい事があったんだけど、時間が足りない感じがしてきている。嬉しい事ではある。でも、出来ない事も出てくる予感なので、今ちょっと焦り気味。その一方で早く日本に帰りたい自分もいて、もう帰った後のことを想像したりしている。とにかく、その時が近いって言う事なんだな。
 今日は午前中、伯父一家とお婆ちゃんと一緒にみんなで新しい国民IDカードをもらってきた。よりスマートになったIDカード、なにやらICチップが埋め込まれている様子。台湾ではもうとにかくICチップの入ったカードが沢山ある。主流になっているのかな。今言ったIDカード、健康保険のカード、郵便貯金のカード、それぞれにチップが埋め込まれている。個人情報が管理しやすそうだ。
[PR]

by aynil24 | 2006-02-11 17:23 | soldier’s holiday
2006年 02月 04日
デジタルライフ
 約24時間のインターバルを経て、昨日の夜また休みになり、台北に戻ってきた。この一週間で何キロ移動したことになるんだろう。とにかく移動ばかりしている。旧正月休みも一段落した今日、先週送ることが出来なかった書類を送ってきた。そしてついでにまた台北駅の地下街を散歩してきた。昼食もまだだったから牛肉麺を食べて、その後は最近気になっているmp3プレーヤなどを見に駅前にあるK-mallに行った。結局はいつもとあまり変わらないコースだけど、今日は目的があったから感覚がちょっと違う。mp3プレーヤとともに、Bluetooth技術を使ったヘッドホンなども最近とても気になる。その機能がついた携帯にもそのまま使えるから、便利性が目に付いて今色々と調べている。新しい技術でもないが、ちょっと高価なおもちゃだ。
 最近友人に誘われて、なにやら流行っているmixiに登録してみた。まだ使い方も楽しみ方もつかめていないけど、これから研究をしてみるところだ。旧知の友人との出会いも期待できそうで、我がネットライフの新しいコンテンツに加わりそうだ。
[PR]

by aynil24 | 2006-02-04 22:30 | soldier’s holiday
2006年 02月 01日
温泉だー
b0067086_242467.jpg 久しぶりに温泉に入った。本当に久しぶりだ。苑裡の親戚達はほとんどが台北に住んでいるので、今日は台北に帰るついでに苑裡の近くの大湖に寄って温泉に浸かろうと計画してあった。オレも台北に戻る予定なのでお供した訳だ。たっぷりと2時間近く浸かったりサウナに入ったりで、とても気持ちがよかった。ここは重曹泉という種類の温泉で、入った後お肌がつるつるになって心地いい。美人湯で有名らしい。
 この大湖という場所はイチゴでも有名らしく、イチゴ畑があちこちにあって、ちょうど季節という事もあってイチゴ狩りもやっていた。ここにはイチゴ文化館もあるし、商店街の看板はみんなイチゴのマークがついてるし、街灯のてっぺんにもイチゴがあるし、イチゴ腸詰やイチゴ臭豆腐なんて危険なものも売ってるし、とにかくイチゴ尽くしの町だった。気持ちよく温泉に浸かった後は一路台北へ。そして明日にはまた軍営に戻る予定。北へ南へ、よく移動した休暇でした…。
[PR]

by aynil24 | 2006-02-01 02:03 | soldier’s holiday
2006年 01月 31日
上を向いて歩こう
 朝早く親父と一緒に朝食を食べた後、長距離バスターミナルに車で送ってもらった。今日は母の実家がある苑裡へ行く予定だ。まずバスで台中へ行き、そこから電車で向かう。台中には無事に着いたが、そこからが大変だった。苑裡へ向かう電車が少ない事。1時間待ってやっと電車が来たが、それも苑裡の手前の駅が終点だったりする始末。とりあえず先に進みたいので乗ってみる。台中ではカンカン照りのいい天気だったけど、電車が進むに連れ霧が濃くなってきて、気温も下がってきた。午後1時半ごろには無事に着いたが、随分と時間がかかってしまった。
 苑裡でもたくさん久しぶりに会う親戚に会う。本当は妹を連れてきたくて、それを伝えてもあったんだけど、みんなオレが1人で現れたのを見ると一斉に残念がった。妹は物心がつく前に一度来た事があるだけだからね、それから母方の親戚と会うことがなかったので、みんな本当に楽しみにしてくれていたようだ。苑裡での旧正月はみんなでカラオケしたり、マージャンをしたりして過ごしている。
 カラオケではお決まりのように「日本語の歌を!」なんてリクエストされるけど、古い演歌ばかりしかないのでリクエストには残念ながらいつも応えられずにいた。それでも今日は一曲歌えそうな曲を見つけたので、歌った。有名な坂本九さんの「上を向いて歩こう」だ。それにしても久しぶりにマイクを握った。夕食では少しお酒も飲みいい気分だ。今度は彼女も連れて来なさいなんて言われたりも。はて、その機会が訪れるかな。
[PR]

by aynil24 | 2006-01-31 02:02 | soldier’s holiday
2006年 01月 30日
懐かしき場所
b0067086_215036.jpg 朝少しだけ早起きして、懐かしい場所を父と共に歩いてきた。高雄で兵役に服している割には、なかなか休みに高雄に残る事がなかったから、ずっと行く機会が無かった。我が母校「光華国民小学」、通学路だった道からして当時と全然変わっていない。学校のまん前にあるおもちゃ屋さんも健在だ。校門も、入ってすぐに見える噴水池も、校舎も、グラウンドも、17年前のままだ。ただ、ありきたりの感想で申し訳ないけど、すべてのものが小さく感じた。端から端まで走るのが大変だったグラウンド、こんなにも狭かったのかな。成長したって事か。
 昼頃にまた車に乗って、今度はお爺ちゃんとお婆ちゃんが眠る場所へ。これも実に17年以上ぶりの墓参りだ。お婆ちゃんが亡くなってから初めての墓参りでもある。それにしても10年以上は経つな。墓碑には親父兄弟の名前、そしてその息子達の名前が記されている。もちろんオレの名前もある。亡くなったお婆ちゃんもお爺ちゃんと一緒の墓に入ったので、その時に墓碑も新しく換えて、お婆ちゃんの名前が刻み込まれている。古い墓碑というと無造作に墓のそばに捨てられていた。いいのか…。こちらの墓は日本のものと全然違っているから、写真を撮って紹介したかったけど、墓場で撮影するのはやっぱ気が引けるからやめといた。捨てられていた墓碑は撮ったけどね。
 夜になると今度は大きな宴会場に行き、台北や台南の伯母達も加わってみんなで大食卓を囲んで大いに盛り上がった。この歳になってお年玉をたくさんもらって懐も暖か。明日は母方の方で稼ぐべ、ふふふ(爆)
[PR]

by aynil24 | 2006-01-30 02:00 | soldier’s holiday
2006年 01月 29日
食う休日
b0067086_20268.jpg 昨夜は親父の運転するタクシーに乗って一路また高雄へ。これも渋滞にはあわずに済んで、意外と早く着いた。高雄の伯父と久々に対面した。そして今日は朝ゆっくり寝て、朝食もたっぷり食べた後、みんなで高雄郊外の観音山に出かけた。そこで鶏肉の蒸料理を食べた。これが普通の蒸料理じゃなく、土で作った土手で最初に石を焼いて、十分に熱したところで具をその中に放りこんで、焼けた石や暑い土をかぶせて蒸すという感じ。とても美味しかったけど、蒸すのに3時間もかかって待つのが結構つらかった。みんなで他で買った焼き芋を食べたり、トランプをして時間をつぶしたりした。夕食もいっぱいうまいものを食べて、今日は本当によく食べた一日になった。
[PR]

by aynil24 | 2006-01-29 01:58 | soldier’s holiday